スポンサーサイト

0
    • 2015.03.28 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    入院時の思い出

    0
      私の今年70になる父親がガンで地方病院に入院したときのことです。当然看護婦さんは丁寧に対応してくれて感謝なのですが、私の勝手なイメージでごめんなさい看護師さんってよくわからなかったんです。男性で先生じゃない人的なくらいでしかし術後のリハビリも丁寧に対応、動きはじめの介助たまたま一宮西病院の人がよかったのかもしれませんが女性のやさしい対応と同じく感じられました。男性の仕事待遇からするといわゆる3kなのかもしれませんが専門学校で専任課もあるくらいですから目指す道もしっかりつくられているのかと。一宮西病院の看護師も言われていましたが、警察官と福祉の選択肢から看護師を選んだそうです。気持ちの問題もあるかと思いますがより医療の深いところに立ち会えることが選んだりゆうだとのことでした。人を助けることに助けることに変わりありませんが看護師としての今後を考えると現状の待遇はよいとはいえないがそのあとのつぶしがきくとも言われていました。リハビリ、看護、病状の確認も含めてスキルアップとしてはよいのでしょうか外側からみる看護婦さんと先生に挟まれて大変そうなドラマのイメージとは大分違うのが不謹慎ではありますが父親の入院でしることが出来たわけです。

      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      PR
      selected entries
      archives
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM